▼以下メニューをクリックしてください。

アップロード画面は、「 FileUpDown.pls 」を使用することで簡単に追加することができます。
「 FileUpDown.pls 」は【手順5】のダウンロードページから取得してください。

■ 画像やファイルのアップロード、ダウンロード完成図

クリックで拡大


1. アップロードファイルを保存するフォルダを作成します
 ※このフォルダが作成されていないとエラーになります
 1-1.「c:InetPub\procgi12\Profiles」に「FileUpDown」フォルダを作成します
フォルダ


2. FileUpDown.plsをダウンロードします
 2-1. ダウンロードページより「FileUpDown.pls」をダウンロードします
 2-2. ダウンロードした「FileUpDown」フォルダを「TRY1」フォルダに移動します
フォルダ


3. ProWebで複数のプロジェクト「pls」を起動します
ProWeb
 3-1.「ProWeb」を起動します

ProWeb
 3-2. 赤枠「登録」をクリックし、プロジェクトが保存されているフォルダから
  「Uriage2.pls」「FileUpDown.pls」を選択します
  選択した「Uriage2.pls」「FileUpDown.pls」がパネルに表示されます
  それぞれの「凸」をクリックしてプロジェクトを起動させます
 ※起動の順番はどれからでも大丈夫です


4. 「売上伝票 入力画面」の添付ファイル・ボタンを修正します
 4-1. エクセル「P_Uriage2」を選択します
 4-2. セルR11C18をクリックし、赤点線の箇所を削除します
ボタン内容

クリックで拡大
※今回はこの「添付ファイル」ボタンは使用しないのでボタン設定を削除してます


5. 新規登録や修正時に「送信」ボタンをクリックした後の処理を追加します
※ここでは新規登録や変更で「送信」ボタンがクリックされた後、売上伝票のデータがデータベースへ更新されます。続いて「添付ファイル有無」画面を表示しています

 5-1. エクセル「P_Uriage2」を選択します
 5-2. セル:R3C9を右クリック → XCuteナビゲーションをクリック →
   「コマンド連鎖 WriteSheet」をクリック → メッセージは「OK」をクリック します

コマンド連鎖

メッセージ

 5-3. セル:R3C9を変更後の赤字に修正します
クリックで拡大

 5-4. セル:R3C10に「="Set_R11C5=" & R15C11&""」を入力します
※この設定でこの後に作成する「添付ファイルある・ない画面」に伝票番号をセットできます


6. 添付ファイル ある・ない画面をデザインします
 6-1. 「P_Uriage2.xlsm」にシートを追加し画面をデザインします
     印刷範囲を赤点線とし、シート名を「AttachCK」に変更します
 ※印刷範囲の設定は、印刷範囲を選択→「ページレイアウト」タブ→「印刷範囲」→「印刷範囲の設定」をクリック
画面デザイン

 6-2. ブラウザで表示するための設定をします
  デザインした画面上で右クリック → XCuteナビゲーション → ひな型ナビ → OK → OK
  再度デザインした画面上で右クリック → XCuteナビゲーション → ひな型ナビ → OK → OK →OK

 6-3. 「ある」ボタンの設定をします
  セル:R16C4を右クリック → XCuteナビゲーション → リンクボタン → OK

 6-4. 「ない」ボタンの設定をします
  セル:R16C6を右クリック → XCuteナビゲーション → リンクボタン → OK

デザイン画面

 6-5. 「ある」ボタンの動作設定を修正します
   セル:R16C12を変更後の赤字箇所を追加・修正します
デザイン画面

 6-6. 「ない」ボタンの動作設定を修正します
   セル:R16C14を変更後の赤字箇所を追加・修正します
デザイン画面


7. 添付ファイル【一覧】画面を修正します
 7-1. エクセル「FileUpDown.xls」のシート「DownLoad」を選択します
 7-2. セル:R5C6を「前画面へ」に修正します
 7-3. セルR5C13をクリックし、変更後の赤字に修正します
クリックで拡大

※ここまでで、画像やファイルのアップロード設定が完成しました。
続いて、アップロードした画像やファイルを検索画面から表示できるように修正していきます


8. 「売上伝票 検索・入力」画面に添付ボタンを追加します
 8-1.「Uriage2」パネルを選択します
 ※ここでは、アップロードファイルがあれば「添付」を表示するためのテーブルを追加しています
 
 8-2. レポート「Uriage2Kensaku」の上で右クリック→「テーブル追加」をクリックします
クリックで拡大

 8-3. 「Access.(mdb)」クリック→「次へ」をクリックします
クリックで拡大

 8-4. 「FileUpDown」フォルダをクリックします
クリックで拡大

 8-5. 「UpLoad」をクリック→「表選択」をクリックします
クリックで拡大

 8-6. 追加したテーブル「UpLoad」を右クリック→「ひな型の設定」をクリックします
クリックで拡大

 8-7. 赤枠に「R15C2:R15C14」を入力→「OK」をクリックします
クリックで拡大

 8-8. 赤枠(FileName)のセル位置に「R15C5」、赤枠(伝票番号)のセル位置に「R15C9」を入力します ※FileNameのキー指定が「キー(必須)」になっていない場合は、「キー(必須)」を選択します
クリックで拡大

 ※これでテーブル設定が完了しました。次に「添付」をクリックした時の動作設定をします
 
 9-9. セル:R15C18をクリックし、変更後の赤字を追加します
検索画面

検索画面

※各行のセル:RC5には、UpLoadファイルのFileNameが書き出されます。 IF関数で書き出されたFileNameがなければ[添付]は表示しない。あれば表示する に修正してます


10. 動作を確認してみましょう
 設定が完了しました。アップロードの動作確認をしてみましょう